京都の不動産相続の相談はオーディン都市開発に

不動産相続は非常に大きな問題を抱えるもとになる事も多いものです。土地の場合には基本的には分筆するかもしくは相続人全員の共同名義という形になりますが、現代の法律では土地は道路に面した形でしか分筆出来ない為土地の形状によっては非常に使いにくい土地になったり、どの場所をとるかで相続人同士が争う危険もあります。又、共同名義の場合にはその土地を利用するためには常に共同名義人すべての承諾が必要になる事から、事実上自由に出来ない土地となってしまうことが多いのです。
また、住宅や建物の場合にはどのように利用するかで争いになってしまうことも多く、基本的に不動産のまま相続を行う事はなかなか将来の親族のためには難しい問題を抱える懸念が多々存在します。
そのため、公平に分配する方法として相続前に不動産を売却し現金化して分配するという方法が有ります。この場合には相続人一人ひとりに公平に分配する事が可能で有る上に、現金で有る為同額で有れば全く不公平感が生まれないとして比較的よく行われている方法でもあります。
しかし、不動産を売却する際には様々な問題が生じることも少なくありません。第一にその評価額がどのくらいになるのかという点です。固定資産税を算定する元になる価格は路線価とも言われていますが、この路線価は国土交通省が定めた法律上の価格であり、実際に売却する際の利便性などは考慮されていません。実際の土地には土地の形や自然環境などによりその利用価値が変動するため、実際の買取価格が大きく異なってしまうことも多いのです。建物の場合も同様にその向きや外観などにより価格が左右されてしまうことから、その価格は大きく変動してしまいます。殆どの場合には路線価よりも実勢売価の方が低くなってしまうことが多いため、不動産を売却することで財産が目減りしてしまう事が多く、資産価値を下げないためにそのままにする場合も少なくありません。

京都を中心に活動するオーディン都市開発では、この様な複雑な事情のある土地を高く買い取ってくれる業者として京都をはじめ近隣の地域でも非常に良く知られており、7周辺環境を十分に確認し吟味したうえで高い査定額を引き出してくれると評判です。また固定資産税の問題や財産である不動産を効果的に活かす方法についても非常に良く知っており、効率的な不動産価値の引き出し方に関する知識も深いため、この様な複雑な事情の有る場合についても親身になって相談に乗ってくれる会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です