相続する前に必要のない不動産を売却するメリット

両親や祖父母が亡くなり、遺産を残された親族が受け継ぐ。誰でも一生に何度か出くわす光景ですが、相続する財産の額が同じでもその財産の形態が違うだけでメリットを受けられたり、あるいはデメリットを抱え込んだりと大きな差が生まれます。財産の形として現金や預貯金、有価証券、宝石貴金属類、骨董品や美術品、土地建物、などなど多数ありますが、相続にさいしてとくに大きいのは「不動産の形であるかどうか」というポイントです。
数あるトラブルのなかでも一番多いのが、不動産を共有することで発生するものです。例えば家屋敷を相続した場合、遠方の住む兄弟は持ち分はあるものの一切利用できず、その家に住む人間だけが土地建物の恩恵を受けられる不平等が起こります。あるいは自分は不動産を売りたいのに、共有している兄弟が首を縦に振らないため売却が進まない、といった事態も起こりえます。こういったトラブルは遺産のほとんどが不動産で現金が少ないケースで、相続人が平等に分配しづらいため仕方なく不動産を共有という形になってしまうのです。これを防ぐには、事前に売却して現金やその他の分配しやすい形に換えておくことが必要になります。
祖父母や両親など、自分が財産を受け継ぐ相手には(亡くなった後のことのため言いづらいことかもしれませんが)、あらかじめ財産の整理をしておくことを勧めておけば争議が起こりにくいでしょう。相続問題が泥沼化して裁判にでもなれば経費がかさみ、関係者全員が損をすることになります。都心など一部を除く地域に所有している不動産ならこれからの少子化時代に価値が下がってしまう可能性も高く、また現在使っていない、家族に必要のない土地建物も管理費や固定資産税が出ていくばかりです。相続を機会としてこれらを売却し、資産の「一本化」をする方も近年増えてきています。現代は昔ながらの株式や貴金属だけでなく、FXや各種投資などさまざまな資産運用の方法があります。動かしにくく、値上がりが見込みにくい立地にある不動産であれば現金の状態に換えて手元に置いておくほうが有利といえます。今のところ必要のない、眠っている資産を動かして運用するという選択肢を両親に示してみてはいかがでしょうか。ただし、不動産の売却には各種税金や仲介手数料もかかります。将来自分たちが必要とするかもしれない、値上がりの可能性がある、こういったものは売ってしまうと再度買い戻すのに大変なロスが生まれます。そのため売却の前に慎重にこれらの要素を検討することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です