不動産の建物に対する相続税対策

不動産を所有している人が亡くなったら、その不動産と現金を親族の誰かがそのあとを引き継ぐことになります。この時に問題になるのが不動産や現金に対する税金です。不動産や現金に対する税金とは相続税のことですが、すべての税金の中で一番高いのが特徴です。そのため何とかして税金がかからないように対策をする必要があります。
対策の一つは、現金を建物にかえることです。なぜこのようなことをするかといえば、建物を相続する場合はその建物を建築した当時の建築費用で相続税が決まるわけではないからです。固定資産税で評価されるため、現金の場合よりも税金を少なく支払うことが可能になります。ちなみに、固定資産税評価額の場合は、公示価格のおよそ5割から6割程度です。これにより現金を所持しているときよりも4割から5割ほど安くすることが可能になります。
これ以上に安くする方法もあります。それは建物を建築しそれを賃貸に出すことです。賃貸に出すことで安くなる理由は、賃貸物件は借り主にも一定の権利があると考えられるからです。通常の建物を建築した時に固定資産税評価額をもとに税金が決められますが、それよりもさらに3割ほど税金がかからなくなります。この場合に注意したいのは、賃貸に出すときにもお金がかかることです。賃貸に出す時に不動産業者に仲介をしてもらいますが、安くなった税金よりも不動産業者にお願いをした額や管理費用の方が高くなってしまう場合もあるので、それではわざわざ賃貸にした意味がありません。そこで、この時にかかる費用と安くなる税金を賃貸に出す前の段階で比較をするべきです。
子供の住宅を建築する場合に節税を考えるならば、親の現金で支払うとよいです。またそれと同時にその不動産の名義も親の名前にするとよいでしょう。これは二世帯住宅を建築する場合にも妥当する考え方です。二世帯住宅は、子供の名義に親の現金で建築することがあります。こうした方が、親が死亡したときにわざわざ名義を変更しなくて済むからです。ですが相続を考えるならば、多少名義変更が面倒でも最初から親名義にする必要があるでしょう。
土地の場合については、現金で所有するよりも相続税がかかりにくくなります。ですが、更地の場合は上物を建築するよりも固定資産税が6倍に膨れ上がってしまいます。いくら現金を不動産に替えたからといって固定資産税の負担が毎年大きくなってしまえば節税の意味がありません。そのため、土地を購入するのであれば、同時に建物を建築する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です