大阪で不動産を相続する場合

相続税は相続や遺言によって取得した財産の価値の合計額が、基礎控除額を超える場合に超える部分に対して、課税される税金です。合計額というのは、債務などの金額を控除して相続開始前3年以内の贈与財産の価額を、加算したものです。この税金は申告および納税が必要となり、その期限は被相続人が死亡したことを知った日の翌日から、10か月以内になっています。基礎控除額は定額控除額と比例控除額を、足した金額になっています。納税には延納や物納も可能になっています。資産を継いだ時には資産ばかりではなく、債務も継承することになります。不動産経営を行っている場合ですと、財産の評価額を軽減することができて節税対策には向いています。宅地の評価額は毎年発表されている路線価と、固定資産税の倍率により決まってきます。
賃貸住宅を建てた土地は、貸家付地となりますので更地などに比べると約2割ほど少なくなります。建物は賃家として評価されますので、一般の住宅より約3割少なくなります。生前贈与を活用すると、さらにメリットがあります。生前贈与というのは、相続時精算課税制度と呼ばれていて、次世代に資産を早めに円滑に移すことを目的にしています。65歳以上の親から20歳以上の子供へ相続する場合、通常の贈与の場合の基礎控除に変えて多くの金額の非課税枠を設けていてそれ以上の額になれば、一律20%で課税しています。贈与した時の評価額が低いことと、収益を分配することで親と子の間での所得税の差額分が節税になってきます。そして親が所有していた場合、収益は預貯金として資産となるものも生前贈与により子供の収益となりますので、親の預貯金としての資産も増えなくなります。ただし生前贈与でも不動産の名義変更には、登録免許税などの諸費用がかかってきます。さらに借入金が残っている不動産を贈与した場合贈与する親は、借入金相当分での譲渡となりますので所得税の課税があるかもしれません。借入金のない不動産を生前贈与するほうが、メリットは大きくなってきます。親の不動産を子供が買取るという方法もありますがこの方法を行うと、取得税がかかってきます。大阪でもいろいろな方法で不動産にかかってくる税金の節税対策が行われています。
これらの節税効果がある方法を使って、不動産経営を行っている大阪の人たちもたくさんいます。税金のことをよく勉強して経営に役立てているオーナーも大阪にはたくさんいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です